Cosmetic

乾燥肌用の化粧品

保湿化粧水を選びます

乾燥肌の人の肌は粉をふいたようになっていたり、皮がむけていたりすることがあります。また1年中その状態にちかいという人もいます。これは角質の水分不足と皮脂に分泌不足が原因です。乾燥肌の人は肌のバリア機能が低下して、紫外線や埃などの刺激を受けやすく、その刺激を防御するためにさらに角質が厚くなり水分が不足するという悪循環に陥っています。乾燥肌を化粧品で補う場合、化粧水はヒアルロン酸やアミノ酸、セラミドなどの保湿成分が含まれているしっとりタイプを選ぶようにします。化粧品にはアルコールが含まれていることがありますが、乾燥肌には危険です。アルコールの入っていないものを選び、夏でも化粧品を変えない方がいいでしょう。乾燥肌用のしっとりタイプを1年を通して使うことが望ましいでしょう。

保湿クリームでケアします

乾燥肌はもってうまれた体質もありますが、こすり過ぎや洗いすぎで皮膚にダメージをあたえてなっている場合もあります。まず洗顔の仕方と洗顔料から見直すことが重要です。 化粧品を使う場合も、意外に化粧水がしみて痛みを感じる場合があります。保湿は化粧水と決めつけず、保湿成分の入ったオイルやクリームを使用する方法もあります。洗顔後に、保湿成分の含まれたクリームやオイルを薄く塗り肌を保護します。 乾燥肌がひどい場合には、とくに皮がむけていたり、カサカサしている部分にワセリンだけを塗るという方法もあります。皮膚科での治療でも使われている薬です。 化粧品を変えると肌にトラブルが起きる場合もあります。保湿用の化粧品を1年を通して使い続けるほうが安全です。洗顔でこすりすぎず、皮脂を落としすぎないように注意し、保湿成分の入ったオイルやクリームを薄く塗って保護し、肌のターンオーバーが正常な状態になるまで続けると効果が出ます。

Copyright © 2015 化粧品で外敵から肌を守る|肌を労る奇跡の結晶品 All Rights Reserved. http://f-tpl.com